2013年02月27日

醤油とウスターソースをミックスしたしょうゆ風味のソース「しょース」(あなたは、しょうゆ派? ソース派? )

しょうゆ風味のソース「しょース」
しょース

関西で有名なオリバーソースが、醤油とソースをミックスした「しょース」を2013年(平成25年) 3月1日より発売されます。
醤油風味のあっさりとしたお好みソースだそうです。

どんな味なのか、興味がそそります。

ところで、醤油とソースをミックスするだけなら自宅で試みることができそうですが、私は好奇心旺盛な割に、今までそういう試みをしたことはありません。
(何割くらいの人が経験しているのかな?)



かわいいオリバーソース お取り寄せ










ペンしょうゆ風味のソース発売 オリバーソース
http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201302/0005771397.shtml
 (神戸新聞 2013/2/26 20:12)
オリバーソース(神戸市中央区)は26日、創業90周年の記念商品として、しょうゆ風味のソースしょース」を発売すると発表した。道満雅彦社長は「しょうゆのうまみとソースの香辛料のいいとこ取りで、お好み焼きのほか、魚や鶏の照り焼き、鶏そぼろなど幅広く合わせられる。新たな分野を開拓したい」と意気込んでいる。
 同社は1923(大正12)年3月、神戸市兵庫区で創業し、とんかつソースを日本で初めて商品化。ウスターソースの沈殿物で辛みのある「どろソース」など、特徴あるソースを製造販売している。
 「しょース」は濃厚ソースをベースに、丸大豆しょうゆや、もろみを使用。同社では珍しい甘口に仕上げた。隠し味に「どろソース」を入れ、香辛料の辛さが後味をさわやかにしている。
 商品に親しんでもらうため、和尚をモチーフにしたキャラクター「おしょースさん(仮称)」も作成。










ついでに、ウスターソースについて、ネットで調べてみました。
ウスターソース(Worcestershire sauce)は、19世紀の始めに、イギリスのウスターシャー州(州都は、ウスター)にいた主婦による偶然の産物だったようです。
その後、2人の薬剤師(リーさんと、ペリンさん)が世界最初のソース会社を作り、「リーペリン・ソース(Lea & Perrins Worcestershire sauce)」が商品化されました。
日本に、ウスターソース類が登場したのは明治時代だそうです。(ちなみに、カレーライスも明治時代に文明開化の流れでイギリスから伝わったそうです。当時からソースをかけて食べていたのかな?)


(*)リーペリン・ソース(Lea & Perrins Worcestershire sauce) お取り寄せ


ウスターソース(リーペリン・ソース)

ひらめきウスターソース




(*)Worcester Sauce ( Worcestershire Sauce)
http://bit.ly/XBujws

(*)ウスターソースの歴史
http://bit.ly/ZzHL2Y
・ソースの語源は?               
・ソースはどこから日本に来たのでしょうか?       
・ウスターソースの起源は?         
・ウスターソースはなぜできたの?       
・国産ウスターソースはいつ頃できたの?
・ソースが国民的調味料になったのはいつ頃から?     

(*)農林水産省 ウスターソース類品質表示基準
http://bit.ly/XBuQ1q
・ウスターソース類
・ウスターソース
・中濃ソース
・濃厚ソース









(#)小さな幸せ
http://slowhappiness.cocolog-nifty.com/

(#)私の事典
http://d.hatena.ne.jp/mydictionary/


(#)ありがとう
http://arigatooo.exblog.jp/














醤油とソースをミックスした「しょース」(あなたは、しょうゆ派? ソース派? ) しょース
posted by 団塊世代 at 18:03| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする