2017年08月31日

般若心経

般若心経 YouTube 動画
般若心経.jpg

般若心経


般若心経(はんにゃしんぎょう)は、日本人にとってなじみが深いお経の1つで、正式には、般若波羅蜜多心経と言います。
日本では仏教各派、特に、天台宗・真言宗・禅宗などで般若心経が使用されています。

般若心経の全文と読み方

摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩。行深般若波羅蜜多時。
照見五蘊皆空。度一切苦厄。
舎利子。色不異空。空不異色。
色即是空。空即是色。受想行識。亦復如是。
舎利子。是諸法空想。不生不滅。不垢不浄。
不増不減。是故空中無色。無受想行識。
無限耳鼻舌身意。無色声香味触法。
無限界。乃至無意識界。無無明。亦無無明尽。
乃至無老死。亦無老死尽。無苦集滅道。無知亦無得。
以無所得故。菩提薩垂。依般若波羅蜜多故。心無圭礙。
無圭礙故。無有恐怖。遠離一切。転倒夢想。
究境涅槃。三世諸仏。依般若波羅蜜多故。
得阿耨多羅三藐三菩提。故知 般若波羅蜜多。
是大神呪。是大明呪。是無上呪。是無等等呪。
能除一切苦。真実不虚。故説般若波羅蜜多呪。
即説呪曰。羯帝羯帝。波羅羯帝。波羅僧羯帝。
菩提僧莎訶。般若心経。

般若心経の現代語訳.jpg
「現代語訳 般若心経」









小さな幸せ

私の事典

ありがとう

意味








癒しの動画 おすすめチャンネル







posted by 団塊世代 at 01:27| 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

ブッダ(仏陀。仏教を開いた釈迦)仏の悟り 瞑想 掲示板

<釈迦が悟りを開いたブッダガヤの菩提樹>



(*)仏陀 - Wikipedia
仏陀(ブッダ、buddha)は、仏ともいい、悟りの最高の位「仏の悟り」を開いた人を指す。buddha はサンスクリットで「目覚めた人」「体解した人」「悟った者」などの意味である。


(*)仏教 - Wikipedia
仏教(ぶっきょう、Buddhism)は、インドの釈迦(ゴータマ・シッダッタ、あるいはガウタマ・シッダールタ)を開祖とする宗教である。
仏教とは一般に、仏陀(目覚めた人)の説いた教え、また自ら仏陀に成るための教えであるとされる。
約2500年前(紀元前5世紀)にインドにて発生。
仏教の教義はあらゆる生命の住む世界を「世間」とし、そこでの生き方に関する教え(世間法)と、それらを越えて悟りに至る教え(出世間法)との二軸で構成される。
三法印(3つの根本思想):諸行無常、諸法無我、涅槃寂静











ブッダの真理のことば.jpg

本「ブッダの真理のことば・感興のことば」(詳細クリック!)



TV100分 de 名著 ブッダ 真理のことば」(NHK教育)
http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/05_dhammapada/index.html
仏教の創始者・ブッダが語った言葉をまとめたとされる「ダンマパダ」(邦訳「真理のことば」)を取りあげた番組が、NHK教育にて放送です。(全4回)

(*)第1回:生きることは苦である
2011年9月 7日(水)PM10:00〜10:25
釈迦族の王子だったブッダは、成長するにつれ、人の生、老、病、死について、深く考えるようになった。そして29歳の時に、家族を捨てて出家、修業しながら深い思索に励んだ。悟りを開いた時、ブッダは、自らが考えた真理を人々に語る。それが最初の説法とされる「ダンマパダ」191番である。ブッダは、人生は、老いや病など、苦しみの連続であるが、心のあり方を見直せば、苦しみを克服することが出来ると説いた。第1回では、ブッダが見抜いた「人生」と「苦」の本質に迫る。


(*)第2回:うらみから離れる
2011年9月14日(水)PM10:00〜10:25
人間は、現実と希望とのギャップに常に苦しむものだとブッダは説いた。人には生存への欲求があり、世の中が自分にとって都合の良い状態であることを願っている。しかしその願いがかなわないと知る時、人は正常な判断力を失い、「あの人は私に意地悪をしている」などと、根拠なく思いこむことがある。ブッダはこうした状態を「無明」と称した。第2回では、「無明」から生まれる「うらみ」について学ぶ。


(*)第3回:執着を捨てる
2011年9月21日(水)PM10:00〜10:25
人は様々なものに執着して生きている。しかし執着が過度に強くなると、家族や財産といった、本来幸せをもたらすはずのものも、自分の思い通りにならないことにいらだち、苦しみを感じてしまう。ブッダは、自分勝手な執着をいましめるとともに、自分の教えについても、過度に執着してはならないと説いた。そして、自分を救えるのはあくまでも自分自身であり、自分の心を正しく鍛えることによって、心の平安を得ることが出来るとした。第3回では、依存ではなく、心の自立を説いたブッダの思想について考える。


(*)第4回:世界は空なり
2011年9月28日(水)PM10:00〜10:25
ブッダは、人の心がどのように変化するかを、因果関係に基づいて論理的に分析した。そして瞑想によって集中して考え、自分の心の状態がどうなっているか、きちんと把握することが悟りへの道であるとした。最終回では、大阪大学大学院の教授で認知脳科学を研究している藤田一郎さんを招く。人間の脳は、物事をどのように認識しているのか、ブッダの教えを脳科学の面から検証する。そして今シリーズの講師役・佐々木閑教授とともに、「真理のことば」が、現代に生きる私たちに発しているメッセージについて語り合う。









<2500年続いてきたシンプルな瞑想法>
ブッダの瞑想法.jpg

ひらめき「実践 ブッダの瞑想法(DVD付)」 (詳細クリック!)
 ブッダが悟ったヴィッパサナー瞑想を日本人に合った形で実践的に紹介。初心者〜上級者まで、瞑想がマスターできる本格DVD付。













<ブッダとは誰なのか。>
知の二大巨頭(梅原猛と五木寛之)の対談
仏の発見の五木寛之&梅原猛.jpg

本「仏の発見」(詳細クリック!)
ブッダとは誰なのか。仏教の救いとはなんなのか。親鸞の眼を通して肉迫する作家と、仏教史の常識を覆す知の巨人の対決。悪の時代を生き抜くための、仏教思想の秘密が明らかに。













映画「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく」
http://wwws.warnerbros.co.jp/buddha/
手塚治虫のベストセラー漫画が映画化。2011年5月28日(土)
声の出演は、吉岡秀隆、吉永小百合、堺雅人、観世清和、黒谷友香、折笠愛、竹内順子、玄田哲章、水樹奈々、櫻井孝宏、ほか。




2500年前のインド・シャカ国。世界の王となると予言された王子、ゴータマ・シッダールタが生まれる。幼いころから厳しい階級社会に疑問を抱いていたシッダールタは、敵国コーサラ国の勇者、チャプラに出会う。最下層の身分から頂点を目指すチャプラと高貴なシッダールタの運命は、そのとき変化しようとしていた。。


晴れ手塚治虫「ブッダ(全12巻)」













かわいい治療と予防
http://diseaseinfo.dtiblog.com/
胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮がん、白血病、肝炎、脳梗塞、うつ病、心筋梗塞、高血圧、更年期障害、リウマチ、腰痛、椎間板ヘルニア、白内障、歯周病、アトピー性皮膚炎、水虫、痔、感染症、糖尿病、メタボリックシンドローム、生活習慣病、ストレス









<山が見える露天風呂の宿>





ブッダ(仏陀。仏教を開いた釈迦)仏の悟り 瞑想 掲示板
ラベル:仏教
posted by 団塊世代 at 08:20| 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

般若心経

仏の教えを266文字に疑縮した
般若心経(はんにゃしんぎょう)





般若心経.gif



位置情報般若心経 - Wikipedia
『般若心経』(はんにゃしんぎょう)は大乗仏教の空・般若思想を説いた経典の1つ。宗派によって呼び方は様々あり、この他に仏説摩訶般若波羅蜜多心経、摩訶般若波羅蜜多心経、般若波羅蜜多心経と言う。略称として心経。なお、漢訳には題名に「経」が付されているが、サンスクリットテキストの題名には「経」に相当する「スートラ」の字句はない。僅か300字足らずの本文に大乗仏教の心髄が説かれているとされ、一部の宗派を除き僧侶・在家を問わず、読誦経典の1つとして、永く依用されている。

位置情報大乗仏教 - Wikipedia
大乗仏教(だいじょうぶっきょう)は、伝統的に、ユーラシア大陸の中央部から東部にかけて信仰されてきた仏教の分派のひとつ。自身の成仏を求めるにあたって、まず苦の中にある全ての生き物たち(一切衆生)を救いたいという心、つまり大乗の観点で限定された菩提心を起こすことを条件とし、この「利他行」の精神を大乗仏教と部派仏教とを区別する指標とする。

位置情報般若心経の意味
http://homepage3.nifty.com/yoshihito/okyou.htm









手帳サイズの般若心経(現代語訳と仏教画)
般若心経手帳.jpg

ぴかぴか(新しい)「般若心経手帳」 (詳細クリック!)
「人生という旅」をテーマに,日本人に最も愛される経典「般若心経」を,中村元の現代語訳や玄奘三蔵をめぐる平山郁夫(日本画家)の壮大な仏教画をともにたどる,初めての手帳形式の書籍。












瀬戸内寂聴さんの解説による般若心経
瀬戸内寂聴の般若心経.jpg

ぴかぴか(新しい)瀬戸内寂聴「般若心経 生きるとは」 (詳細クリック!)
「愛すれば執す、執すれば着す」。執着を捨て、解き放たれた、自由な心になったとき、人は輝くように美しくなる。 仏の教えを266文字に疑縮した「般若心経」の真髄を、自らの半生と重ね合わせて説き明かし、生きてゆく心の拠りどころをやさしく語りかける、現代最良の仏教入門。











筆ペンで写経 心の癒し
写経.jpg

ペン筆ペン写経セット










般若心経の湯呑みで美味しいお茶を飲む
般若心経の湯呑.jpg

いい気分(温泉)ものしり湯呑 家庭円満シリーズ 心経(一色) C-12










般若心経が描かれたシルク生地の扇子
般若心経の扇子.jpg

かわいいシルク扇子「般若心経」










般若心経 ZIPPO ライター




釈迦が悟りを開いたブッダガヤの菩提樹




お釈迦様の言葉と仏教の教義
ブッダのことば.jpg

ひらめき「ブッダのことば スッタニパータ」
 仏教書のうちで最も古い聖典.後世の仏典に見られる煩瑣な教理は少しもなく,人間としての生きる道が,ブッダとの対話のなかで具体的に語られる。











イベント素敵な情報 画像 掲示板 BBS 全国各地のイベント 団塊の世代 掲示板 団塊世代 BBS 注目の話題 般若心経 掲示板 今週の予定 面白い話題 般若心経 掲示板 今週の予定 仏教 注目の話題 般若心経 注目の記事 般若心経 仏教掲示板 般若心経
http://eventinfo.dtiblog.com/blog-category-3.html
般若心経
ラベル:般若心経
posted by 団塊世代 at 09:38| 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

親鸞聖人

親鸞聖人
五木寛之の親鸞.jpg

ひらめき五木寛之 「親鸞」











位置情報親鸞『ウィキペディア(Wikipedia)』
 親鸞(しんらん)は、鎌倉時代初期の日本の僧である。浄土真宗の宗祖とされる。
親鸞は、法然を師と仰いでからの生涯に渡り、「真の宗教である浄土宗の教え」を継承し、さらに高めて行く事に力を注いだ。自らが開宗する意志は無かったと考えられる。独自の寺院を持つ事はせず、各地につつましい念仏道場を設けて教化する形をとる。親鸞の念仏集団の隆盛が、既成の仏教教団や浄土宗他派からの攻撃を受けるなどする中で、宗派としての教義の相違が明確となり、親鸞の没後に宗旨として確立される事になる。浄土真宗の立教開宗の年は、『顕浄土真実教行証文類』(以下、『教行信証』)が完成した寛元5年(1247年)とされるが、定められたのは親鸞の没後である。
一部の研究者は、在世当時の朝廷や公家の記録にその名が記されていなかったこと、親鸞が自らについての記録を残さなかったことなどから、親鸞の存在を疑問視し、架空の人物とする説が提唱された。しかし大正10年(1921年)に、西本願寺の宝物庫から、越後に住む親鸞の妻である恵信尼から京都で親鸞の身の回りの世話をした末娘の覚信尼に宛てた書状『恵信尼消息』10通が発見され、その内容と親鸞の動向が合致したため、実在したことが証明されている。小豆が好きであった。
明治9年(1876年)11月28日に明治天皇より「見真大師」(けんしんだいし)の諡号を追贈されている。西本願寺及び東本願寺の御影堂の宗祖親鸞の木像の前にある額の「見真」はこの諡号に基づく。
親鸞が著した浄土真宗の根本聖典である『教行信証』の冒頭に釈尊の出世本懐の経である『大無量寿経』[8]が「真実の教」であるとし、阿弥陀如来(以降「如来」)の本願(四十八願)と、本願によって与えられる名号「南無阿弥陀佛」(なむあみだぶつ、なもあみだぶつ〈本願寺派〉)を浄土門の真実の教え「浄土真宗」であると示した。


位置情報歎異抄 『ウィキペディア(Wikipedia)』
 『歎異抄』(たんにしょう)は、鎌倉時代後期に書かれた日本の仏教書。作者は、親鸞に師事した唯円とされる。書名は、その内容が親鸞滅後に浄土真宗の教団内に湧き上がった異議異端を嘆いたものである。











位置情報浄土真宗本願寺派(西本願寺)
http://www.hongwanji.or.jp/

位置情報浄土真宗東本願寺派 本山 東本願寺
http://www.honganji.or.jp/










親鸞





本吉川英治 「親鸞」

本吉本 隆明 「最後の親鸞」

本梅原猛 「歎異抄入門」

本山折哲雄 「親鸞をよむ」

本マンガ 親鸞入門 念仏を極めた浄土真宗の開祖

本マンガ 歎異抄入門 極楽浄土の救い











イベント「親鸞展」
http://www.shinranten.jp/
浄土真宗の開祖である親鸞聖人の750回忌記念展覧会「親鸞展」が、2010年(平成22年)から2011年(平成23年)にかけて、全国28ヶ所で順次開催です。




歎異抄(たんにしょう)




イベント素敵な情報 画像 掲示板 BBS 全国各地のイベント 注目の話題 今週の予定 面白い話題 今週の予定 注目の話題 注目の記事
http://eventinfo.dtiblog.com/blog-category-3.html

親鸞 掲示板















posted by 団塊世代 at 16:09| 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

国宝阿修羅展

仏像ブーム 阿修羅像




ぴかぴか(新しい) 法相宗大本山 興福寺
http://www.kohfukuji.com/

位置情報 模刻で学ぶ仏像彫刻
興福寺・阿修羅像を主に法隆寺・百済観音、浄土寺・阿弥陀如来による



イベント 「興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅展」
http://www.asahi.com/ashura/
2009年7月14日(火)〜9月27日(日) 九州国立博物館
休館日:月曜日 (ただし7月20日、9月21日は開館)

阿修羅像
本 「国宝阿修羅展」のすべてを楽しむ公式ガイドブック









仏像ブーム
揺れるハート 「仏像の本」
仏像ガール(廣瀬郁実)が、ご案内する感じて楽しむ仏像の世界











ひらめき仏像のひみつ

ひらめき 仏像の事典

ひらめき日本の仏像 (京都編)

ひらめき 日本の仏像 (奈良編)








仏像.jpg
ひらめき「大日如来座像」 (詳細クリック!)







サーチ(調べる) あなたの好きな神社仏閣は?





北海道 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県 東京都 埼玉県 神奈川県 栃木県 茨城県 群馬県 千葉県 新潟県 富山県 石川県 長野県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 山梨県 三重県 滋賀県 大阪府 京都府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 仏像ブーム 歴女 掲示板 仏女 掲示板 阿修羅 阿修羅像 仏像 画像 仏像 動画 仏像 壁紙 仏像 掲示板 仏像 BBS 阿修羅像 画像 阿修羅像 動画 阿修羅像 壁紙 阿修羅像 掲示板 阿修羅像 BBS

イベント全国のイベント情報 新商品 画像 動画 掲示板 BBS
http://www.mediawars.ne.jp/~peach/zenkoku.html

posted by 団塊世代 at 18:41| 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

釈迦が悟りを開いたブッダガヤの菩提樹

仏教



インドのブッダガヤ釈迦が成道した菩提樹


仏陀の仏像ポスター





仏教 『ウィキペディア(Wikipedia)』(抜粋)

仏教は、インドの釈迦(ゴータマ・シッダルタ)を開祖とする宗教。
仏教とは一般に、仏陀(目覚めた人)の説いた教え、また自ら仏陀に成るための教えであるとされる。
約2500年前(紀元前5世紀)にインドにて発生。
仏教の教義はあらゆる生命の住む世界を「世間」とし、そこでの生き方に関する教え(世間法)と、それらを越えて悟りに至る教え(出世間法)との二軸で構成される。
三法印(3つの根本思想):諸行無常、諸法無我、涅槃寂静



お釈迦様の言葉と仏教の教義
ひらめき 「ブッダのことば―スッタニパータ」
 仏教書のうちで最も古い聖典.後世の仏典に見られる煩瑣な教理は少しもなく,人間としての生きる道が,ブッダとの対話のなかで具体的に語られる。





位置情報財団法人 全日本仏教会
http://www.jbf.ne.jp/

位置情報Buddhism Wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Buddhism





瞑想の動画
ぴかぴか(新しい)「実践 ブッダの瞑想法」 (DVDブック)
 ブッダが悟ったヴィッパサナー瞑想を日本人に合った形で実践的に紹介。初心者〜上級者まで、瞑想がマスターできる本格DVD付。







仏像




TV「NHKスペシャル ブッダ 大いなる旅路 」
1 インド・輪廻する大地 ~仏教盛衰の2500年~
古代インドでは、人間は永遠に生と死を繰りかえすという「輪廻転生(りんねてんしょう)」が信じられていた。ブッダの足跡を追いかけながら、インドを舞台にブッダ80年の波乱の生涯と、仏教盛衰の2500年を描くプロローグ。

2 黄金のパゴダ ~ミャンマー・祭りと葬送の日々~
ミャンマーは、国民の90%以上が仏教徒である伝統的な仏教国であり、135もの民族が同居する他民族国家でもある。固有の精霊信仰を持つ各民族を統合しているのが仏教であり、そのシンボルとして黄金や宝石に輝くパゴダ(仏塔)が存在している。パゴダの周りに貧困と至福が同居するミャンマーの村にブッダの足跡を見る。

3 仏像 誕生と流転 ~ガンダーラ・バーミヤン~
ブッダの死後およそ500年間、仏像はつくられることはなかった。ところが紀元1世紀頃、ガンダーラに突然仏像が出現する。当時のガンダーラは、戦乱にあえぎ、救いを求める人々の間にはブッダを再び見たい、その言葉を聞きたいという願望に満ち満ちていた。バーミヤンの大仏の映像を交え、仏教誕生の謎を探る。

4 タイの僧院にて ~生きている仏教~
仏教はタイの国教である。国民の95%が仏教徒で成人男子の60人に1人が僧侶であるといわれている。男性は一生に一度は出家して修行をしないと社会的信用が得られない。メーチーと呼ばれる女性修行者や末期のエイズ患者を受け入れる寺など、揺れ動くタイ社会の中で、仏教の果たす役割を紹介する。

5 東方の観音楽土 ~変容する仏たち~
儒教の考えが存在する中国では、親孝行を説く教典「盂蘭盆教(うらぼんきょう)」によってブッダの教えを受け入れ、人々の苦しみを救い、願い事をかなえるとされた「観音菩薩」に信仰が集まっている。一方、台湾では、仏門に入る女性が年々増加している。中国や台湾で、独自に変容を遂げた仏教の姿を、人々の暮らしの中からみつめる。





サーチ(調べる) あなたの興味のある宗教は?






素敵な情報 画像 掲示板 BBS
posted by 団塊世代 at 02:30| 仏教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする